So-net無料ブログ作成
検索選択

ストレッチする時の注意点2 [ストレッチとは]


 ストレッチする時の注意点は、次の4つです。

1.リラックスした状態で行うこと
2.痛くなるまで伸ばさないこと
3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと
4.反動は使わないこと


今回は、
3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと
4.反動は使わないこと
について説明します。


 3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと

 息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うというのは、とても大事なことなのです。なぜかというと、息を止めてしまうと、どうしても力が入ってしまいます。つまり、筋肉が緊張してしまうので、リラックスした状態にならないのです。


ストレッチは、息を吐きながら筋肉を伸ばすことが重要です。なので、息を吐きながら10~30秒は、その状態を維持してください。最初は難しいかもしれません。息を吐くことを意識するために、最初は、「ハー」と声を出しながら、息を止めないように注意してやってくださいね。すぐになれますから。



4.反動は使わないこと

 反動を使うなといっても、どうしてもやってしまいがちになるので、かなり意識してやってくださいね。


反動を使ってストレッチすると、どうしても必要以上に筋肉が伸びてしまいます。その結果、限界以上に伸びてしまって、筋肉や腱を痛めてしまうことに繋がるのです。


筋肉というのは、筋紡錘(きんぼうすい)というセンサーがついているので、これ以上は無理という状態になると、筋肉が反射的に収縮するようにできています。そのため、伸ばしているつもりが収縮してしまうということもあるのです。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。