So-net無料ブログ作成
検索選択
ストレッチとは ブログトップ

ストレッチする時の注意点2 [ストレッチとは]


 ストレッチする時の注意点は、次の4つです。

1.リラックスした状態で行うこと
2.痛くなるまで伸ばさないこと
3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと
4.反動は使わないこと


今回は、
3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと
4.反動は使わないこと
について説明します。


 3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと

 息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うというのは、とても大事なことなのです。なぜかというと、息を止めてしまうと、どうしても力が入ってしまいます。つまり、筋肉が緊張してしまうので、リラックスした状態にならないのです。


ストレッチは、息を吐きながら筋肉を伸ばすことが重要です。なので、息を吐きながら10~30秒は、その状態を維持してください。最初は難しいかもしれません。息を吐くことを意識するために、最初は、「ハー」と声を出しながら、息を止めないように注意してやってくださいね。すぐになれますから。



4.反動は使わないこと

 反動を使うなといっても、どうしてもやってしまいがちになるので、かなり意識してやってくださいね。


反動を使ってストレッチすると、どうしても必要以上に筋肉が伸びてしまいます。その結果、限界以上に伸びてしまって、筋肉や腱を痛めてしまうことに繋がるのです。


筋肉というのは、筋紡錘(きんぼうすい)というセンサーがついているので、これ以上は無理という状態になると、筋肉が反射的に収縮するようにできています。そのため、伸ばしているつもりが収縮してしまうということもあるのです。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

ストレッチする時の注意点 [ストレッチとは]


ストレッチというのは、何時でもどこでも、その気になりさえすれば簡単にできるところがいいところです。それでも、トレッチをするにあたって知っておいた方が良いことや注意したい点がいくつかあります。


 ストレッチする時の注意点は、次の4つです。

1.リラックスした状態で行うこと
2.痛くなるまで伸ばさないこと
3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと
4.反動は使わないこと


 これらり注意点について、もう少し詳しく説明します。

1.リラックスした状態で行うこと

 ストレッチをする時に、最も大事なことは、自分がどの筋肉を伸ばしているのかを意識していることです。どの筋肉を伸ばしているのか分からずにやっていては効果が出にくいからです。そして、その筋肉がリラックスした状態にあることを確認してからストレッチするようにしてくださいね。

もし緊張状態にあれば、リラックスさせてからストレッチするようにしてくださいね。する」行う際には、伸ばしたい骨格筋がリラックスしている状態で、事が最大のポイントです。普段から肩こりしやすいような人は、肩の力を抜いてからストレッチしましょう。

ストレッチする時に無意識に力が入っていることがあるので、そうならないように意識しながら行ってくださいね。


2.痛くなるまで伸ばさないこと

 次に大事なことは、正しい姿勢でストレッチすることです。姿勢が正しくなければ、力のかかり方がアンバランスになって、余分なところに負担がかかるので、痛みを感じたりケガの原因になったりすることがあります。

しっかりと伸ばしたいという気持ちが働くので、つい力が入って伸ばしすぎてしまうことが少なくありません。ストレッチする時は、鋭い痛みにならないような、少し痛いけれど気持ちがいいというところで止めておいてくださいね。


3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと
4.反動は使わないこと
については、次の機会に説明します。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

柔軟性は男女で差がある! [ストレッチとは]


 柔軟性というのは、男性と女性とで差があることはよく知られています。女性の方が男性よりも柔軟性があります。女性の方が男性よりも身体が柔かいということです。これは、男性とと女性とでは分泌されるホルモンに大きな違いがあるからです。そのため、筋肉や腱、靭帯などの伸張性が違うのです。


もちろん個人差があることなので、そうでないという場合もあります。それは個人の努力や置かれた環境などによって、大きく影響されるからです。例えば、筋肉の温度によって、伸び方が違うことは誰でも感じていると思います。


風呂に入って身体が温まると、身体が柔らかくなります。つまり、筋肉の温度が上がると伸びやすくなるのです。逆に、朝、目覚めた時はいつもよりも身体が堅いと感じませんか。このように、人間の身体は、置かれた状況によって、柔軟性が変わるのです。



 これだけの知識を得ただけで、どのようにすれば柔軟性が上がりやすくなるのかが分かります。お風呂に入って、身体を温めた後に、ストレッチをしてやると、柔軟性が上がりやすくなるのです。


逆に、朝起きてすぐにストレッチするのは良くありません。散歩などをして、身体をほぐして、少し温めてからストレッチをする方がいいということです。


せっかくストレッチするのですから、できるだけ効果が上がるような時間帯や環境ですることを考えてください。ちょっとした工夫で、とても効果が上がります。





nice!(0) 
共通テーマ:健康

ストレスの解消にストレッチが効果的! [ストレッチとは]


 現代は過去に例がないほどストレスの多い社会になっています。会社員に勤めている方は、業績を上げるために叱咤激励されストレス過多になっているひとがたくさんいます。専業主婦も隣近所やママ友などとのお付き合いでストレスを感じながら生活しています。


そんなストレス社会で生活するには、ストレスを適度に発散できるかどうかが、とても重要なことなのです。ストレスを解消するために、買い物をしたり、あるいは食べたり、飲んだりしている人が少なくありません。最近は、男性も女性も、あるいは子供までが、暴飲暴食に走ることも少なくないのです。


確かに、思いっきり食べたり飲んだりすれば、イライラが解消しスカッとした気持ちになります。しかし、ストレスが多くなると、暴飲暴食が進み肥満になる人もいるくらいです。そうなると行きすぎですよね。



 そんな時にストレッチを取りいれてみてください。ストレッチすると、感覚刺激が中枢神経に伝えられ、リラックスした状態の副交感神経を優位にしてくれるんです。なんかイライラすると思った時は、ストレッチをしてみてください。難しくはありません。呼吸に合わせてゆっくりとした静的ストレッチを繰り返すだけで、気持ちが落ち着いてきます。


今までのように、今日は、「飲みに行くぞ!食べてやる!」というような攻撃的な気持ちが収まるんです。イライラした時にやってみてください。


ストレッチをして、ストレス知らず、疲れ知らずの体調にしていきましょう。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

血液循環をよくし、疲労回復! [ストレッチとは]


 使った後の筋肉をよ~く伸ばしてやると、血液の廻りがとても良くなります。血液中に含まれている酸素や栄養が筋肉の隅々にまで血液によって運ばれることになるので、筋肉中の疲労物質が取り除かれることになり、筋肉が再びよみがえることになるのです。



 筋肉というのは、筋肉を使うことによって収縮運動を繰り返すと固くなりますが、筋肉を使わなくても部分的に固くなってしまうのです。いわゆるコリと言うやつです。このコリは、誰もがよく経験していることだと思います。


事務職の方などは、デスクワークがほとんどですから、机の前に座って、パソコン画面などを見ていたりして、同じ姿勢を続けていると、どうしても知らず知らずのうちに、肩こりや首こりになるなどの経験をしているはずです。


このような部分的なコリ状態になった時に、簡単なエクササイズや体操をすることによって、筋肉をほぐしてやると、コリ状態が解消されるのです。コリ状態にならないように、長時間同じ姿勢を続けないようにすることも大事ですが、コリ状態をほぐすためのストレッチが効果があります。


コリ状態をほぐしてくれるだけでなく、筋肉のバランスの悪化も防いでくれるので、ストレッチするための簡単なエクササイズを覚えましょう。そうすれば、日常生活のなかで、疲れを感じない身体を作ることができます。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

ストレッチでけがを予防 [ストレッチとは]


 スポーツをした後に、腰が痛くなったりすることがあります。これはスポーツ傷害と言われるもので、捻挫や肉離れなどの外傷が起きることもあります。筋肉痛なども当てはまるかもしれません。


 捻挫や肉離れなどを起こしてしまうと、治るまでスポーツをすることができないだけでなく、日常生活にも支障が出てしまいます。このような外傷だけでなく、腰の痛みや筋肉痛にならないように予防することが大事です。


そのために重要なのが、ストレッチをすることです。ストレッチは、筋肉性の腰痛症には、とても効果があるようです。


 筋肉は収縮と弛緩を繰り返すことによって、歩いたり走ったり体を動かしたりします。特定の部分だけに負荷をかける運動を繰り返していると、その部分の筋肉は硬くなって弾力性が無くなってしまいます。


それだけではありません。硬くなった筋肉が血管を圧迫し変形することで、老廃物が溜まりやすくなり、疲れが取れにくくなるのです。特に腰背部の筋肉は、疲れが溜まりやすく、腹筋の力がない人は、だるい状態が長引いてしまうようです。



 そうならないように、運動する前にウォームアップのためにストレッチをしておくと、関節の可動域が広がり、筋肉が刺激されることで、身体が動かしやすくなるのです。


さらに運動した後に、クールダウンとしてストレッチをすると、硬くなった筋肉をほぐしてくれるので、筋肉に弾性が戻り血液の循環が良くなります。その結果、疲労回復が促されるということになるのです。


 運動する時には、前後にストレッチすることで、疲れを残さないように仕手くださいね。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

ストレッチの効果とは [ストレッチとは]


 ストレッチと言えば、何かのスポーツをする時などに、ウォーミングアップやクールダウンのためにするものと思っている人が多いと思います。しかし、実際には、それだけではなく、その他にも重要な目的を持っているのです。



 普段、身体を動かすことが少ない人が、久しぶりにストレッチをしてみて感じることがあります。そうです、「以前は簡単にできたのに・・・。」と自分の身体が思うように動かないこと、堅くなっていることにショックを受ける人が多いのです。


普段の運動不足の結果が如実に出てきます。それは年齢が高くなるほど顕著に出てきます。齢を取るにつれて、それは加速度的に、身体が硬くなり、関節の柔軟性が衰えてくるのです。その分、精神的ダメージも大きくなってしまうようです。



 身体の柔軟性が低下してくると、筋肉が硬くなるため伸び縮みしにくくなってしまいます。なぜかというと、骨にくっついている部分の筋肉や腱が炎症を起こしやすくなってしまうからです。そのため、腰痛肩こりになりやすく、関節に痛みなども出てきやすくなるのです。


そこで、ストレッチをすることによって、関節を動きやすくしてやることで、関節の動く範囲が広がり、身体に柔軟性が出てくるというわけです。たったこれだけの簡単なストレッチをするだけで、運動能力が見違えるように向上します。それだけではありません。その結果、動きやすい健康的な日常生活を送ることができるようになるのです。


 ストレッチは、スポーツをする人だけがやればいいというものではありません。普段あまり運動しない人がストレッチすることの効果が大きいということです。




nice!(0) 
共通テーマ:健康
ストレッチとは ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。