So-net無料ブログ作成
検索選択

ストレッチする時の注意点 [ストレッチとは]


ストレッチというのは、何時でもどこでも、その気になりさえすれば簡単にできるところがいいところです。それでも、トレッチをするにあたって知っておいた方が良いことや注意したい点がいくつかあります。


 ストレッチする時の注意点は、次の4つです。

1.リラックスした状態で行うこと
2.痛くなるまで伸ばさないこと
3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと
4.反動は使わないこと


 これらり注意点について、もう少し詳しく説明します。

1.リラックスした状態で行うこと

 ストレッチをする時に、最も大事なことは、自分がどの筋肉を伸ばしているのかを意識していることです。どの筋肉を伸ばしているのか分からずにやっていては効果が出にくいからです。そして、その筋肉がリラックスした状態にあることを確認してからストレッチするようにしてくださいね。

もし緊張状態にあれば、リラックスさせてからストレッチするようにしてくださいね。する」行う際には、伸ばしたい骨格筋がリラックスしている状態で、事が最大のポイントです。普段から肩こりしやすいような人は、肩の力を抜いてからストレッチしましょう。

ストレッチする時に無意識に力が入っていることがあるので、そうならないように意識しながら行ってくださいね。


2.痛くなるまで伸ばさないこと

 次に大事なことは、正しい姿勢でストレッチすることです。姿勢が正しくなければ、力のかかり方がアンバランスになって、余分なところに負担がかかるので、痛みを感じたりケガの原因になったりすることがあります。

しっかりと伸ばしたいという気持ちが働くので、つい力が入って伸ばしすぎてしまうことが少なくありません。ストレッチする時は、鋭い痛みにならないような、少し痛いけれど気持ちがいいというところで止めておいてくださいね。


3.息を止めないで、ゆっくり呼吸しながら行うこと
4.反動は使わないこと
については、次の機会に説明します。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0