So-net無料ブログ作成
検索選択

ストレッチでけがを予防 [ストレッチとは]


 スポーツをした後に、腰が痛くなったりすることがあります。これはスポーツ傷害と言われるもので、捻挫や肉離れなどの外傷が起きることもあります。筋肉痛なども当てはまるかもしれません。


 捻挫や肉離れなどを起こしてしまうと、治るまでスポーツをすることができないだけでなく、日常生活にも支障が出てしまいます。このような外傷だけでなく、腰の痛みや筋肉痛にならないように予防することが大事です。


そのために重要なのが、ストレッチをすることです。ストレッチは、筋肉性の腰痛症には、とても効果があるようです。


 筋肉は収縮と弛緩を繰り返すことによって、歩いたり走ったり体を動かしたりします。特定の部分だけに負荷をかける運動を繰り返していると、その部分の筋肉は硬くなって弾力性が無くなってしまいます。


それだけではありません。硬くなった筋肉が血管を圧迫し変形することで、老廃物が溜まりやすくなり、疲れが取れにくくなるのです。特に腰背部の筋肉は、疲れが溜まりやすく、腹筋の力がない人は、だるい状態が長引いてしまうようです。



 そうならないように、運動する前にウォームアップのためにストレッチをしておくと、関節の可動域が広がり、筋肉が刺激されることで、身体が動かしやすくなるのです。


さらに運動した後に、クールダウンとしてストレッチをすると、硬くなった筋肉をほぐしてくれるので、筋肉に弾性が戻り血液の循環が良くなります。その結果、疲労回復が促されるということになるのです。


 運動する時には、前後にストレッチすることで、疲れを残さないように仕手くださいね。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。