So-net無料ブログ作成
検索選択

ストレッチの効果とは [ストレッチとは]


 ストレッチと言えば、何かのスポーツをする時などに、ウォーミングアップやクールダウンのためにするものと思っている人が多いと思います。しかし、実際には、それだけではなく、その他にも重要な目的を持っているのです。



 普段、身体を動かすことが少ない人が、久しぶりにストレッチをしてみて感じることがあります。そうです、「以前は簡単にできたのに・・・。」と自分の身体が思うように動かないこと、堅くなっていることにショックを受ける人が多いのです。


普段の運動不足の結果が如実に出てきます。それは年齢が高くなるほど顕著に出てきます。齢を取るにつれて、それは加速度的に、身体が硬くなり、関節の柔軟性が衰えてくるのです。その分、精神的ダメージも大きくなってしまうようです。



 身体の柔軟性が低下してくると、筋肉が硬くなるため伸び縮みしにくくなってしまいます。なぜかというと、骨にくっついている部分の筋肉や腱が炎症を起こしやすくなってしまうからです。そのため、腰痛肩こりになりやすく、関節に痛みなども出てきやすくなるのです。


そこで、ストレッチをすることによって、関節を動きやすくしてやることで、関節の動く範囲が広がり、身体に柔軟性が出てくるというわけです。たったこれだけの簡単なストレッチをするだけで、運動能力が見違えるように向上します。それだけではありません。その結果、動きやすい健康的な日常生活を送ることができるようになるのです。


 ストレッチは、スポーツをする人だけがやればいいというものではありません。普段あまり運動しない人がストレッチすることの効果が大きいということです。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0